土井潤美の絵画と青森の椅子 終了しました

カサイコ企画63

会期:2019年12/1(日)〜12/9(火)
時間:10:30〜17:30 最終日は16:00閉場
会期中無休
 入場無料



盛岡在住の画家土井潤美さんの絵画をご紹介。
日常の一コマやモノ、人をモチーフに
インクを滲ませた独特のタッチで表現します。

青森からは4名の作り手による、
ぬくもりある無垢の椅子を。

また、岡山県から「倉敷ノッティング」という
椅子敷をご紹介します。数量限定になりますが
カサイコでは2度目のご紹介です。

特別参加として、岩手の鉄瓶も2.3点届きます。

    これからの季節、暖かいしつらえで
    絵画鑑賞や読書はいかがでしょうか。

 アトリエPOPPOworks「風の詩」 モビール展 終了しました

カサイコ企画59

会期:2019年5/25(土)〜6/1(土)
時間:11:00〜18:00 最終日は16:00閉場
会期中無休
 入場無料


すっかりおなじみ、アトリエPOPPOのモビールをご紹介します。

風に押されるように自由にゆっくりと動く金属製モビール。
部屋に飾ることで、静かな動きと空の世界に惹き込まれ、ゆったりとした空間を創ります。
忙しい日々の中にほんのひととき、穏やかな時の流れを感じみるのはいかがでしょうか。
会場いっぱいにモビールを展示販売いたします。

アトリエPOPPO
本田ゆうすけ



1982 宮城県生まれ
2006 東北芸術工科大学 美術科 金属工芸専攻 卒業
2009 第27回 朝日現代クラフト展 優秀賞(阪急うめだ本店/大阪)
2012 個展 〜Sing a moment〜(清課堂ギャラリー/京都)
2014 台湾国際工芸展 台湾デザインエキスポ201(台湾/台東)
2015 個展 〜風の声、空の物語〜(工藝 藍学舎/宮城加美町




  木版画ワークショップ -山のグリーティングカード-  終了しました

カサイコ企画60
会期:2019年8月31日(土)・9月1日(日)
時間:11:00--15:30



本格!2版4色刷りの木版画ワークショップで、小さな岩木山のグリーティングカードを作ります。
贈り物に添えたり、飾ったりと使いやすいミニカード。
木版画家ふるさか氏オリジナル下絵を用意しますので木版初心者にも安心です。
4時間半と少し長めのワークショップですが、どっぶり制作に集中してみませんか。
休憩があるので、お昼ごはんを持参ください

内 容:
こちらで用意した山の絵を板に彫ってメッセージカードに手刷りします。 彫った版木もお持ち帰りいただきます。
参加費:
4,500円(カード・封筒5セット分)
定 員:
各5名 (申し込み締め切り8/25)
持ち物:
汚れても良い服装・お昼ご飯
講師:ふるさかはるか(木版画家・アトリエ空中山荘代表)

土や植物から自作した絵の具と、版木の持つ自然な色・形
に着目した木版画を作る。ノルウェーなど北国での滞在制
作・発表のかたわら各地の山や手仕事を訪ね、近年では自
然と共に生きる人びとの言葉や手仕事をテーマにした作品
に取り組んでいる。展覧会「トナカイ山のドゥオッジ」で
は、北欧の先住民族サーミの人びとを取材した木版画シリ
ーズを発表。2010年「木版画アトリエ空中山荘」を立ち上
げ、教室やワークショップを通して、手仕事と絵画の要素
をあわせ持つ木版画の魅力を伝える取り組みも行っている。
2017 国際芸術センター青森
2014 ギャラリーPARC(京都)
2013 大阪府立江之子島文化芸術創造センター(大阪)
2002 ヴァーサ市立図書館(フィンランド) 他
       harukafurusaka.net | kucyusansou.com



>>>詳しくはチラシをご覧ください
お申込みお問い合わせはカサイコまで、お気軽にどうぞ

 心の岩木山を描こう 井上信平絵画教室に通う仲間展 終了しました


  千田玲子+ささきりえ ふたり展   -天から地から-終了しました



カサイコ企画61

会期:2019年10/1(火)〜10/12(土)
時間:11:00〜18:00 最終日は16:00閉場
会期中無休
 入場無料

ひとつの土の塊から「叩き」「くり貫き」
という作業を経て生まれた 千田玲子の造形。
一枚の金属板から金槌で「絞り」「延ばし」
という作業を経て生まれた ささきりえの造形。
時にどっしりと地面に佇み、
時に軽やかに空間を浮遊する
ふたりの造形世界をどうぞお楽しみ下さい

生活空間におけるオブジェから、インテリア、日常使いの食器、
アクセサリーまで展示販売いたします。


陶芸家:千田玲子  http://sendainfo.blog39.fc2.com/
宮城県仙台市在住
1960 東京都生まれ
1986 アトリエ飛行船陶芸研究所(東京)
1991 同研究所 講師 96年まで
1997 東京・三鷹にアトリエ設立
2005 仙台にアトリエ移設
東京・仙台を中心に東北から関西まで、
年数回個展を中心に開催。
朝日陶芸展・草月花の器展・伊丹クラフト展ほか入賞
ベルギー コクシードに所蔵
宮城県芸術協会 所属


金属造形:ささきりえ https://sorarie.com
神奈川県横浜市在住
1974 東京都生まれ
1997 東北芸術工科大学 美術科金属工芸 卒業
1998 スウェーデンStenebyskolan 鉄鍛造コース留学
2000 東北芸術工科大学 社会人講座講師 01年まで
2005 空工房設立(仙台市)→横浜市と移転
2008 仙台美術研究所 金工コース講師 14年まで
毎年個展・グループ展多数開催
高岡クラフトコンペンション・テーブルウェアー大賞
リアスアーク美術館所蔵

 ビンハウス 楓蔦黄 秋の更紗展 終了しました

カサイコ企画62

会期:2019年11/1(金)〜11/9(土)
時間:11:00〜18:00 最終日は16:00閉場
会期中無休
 入場無料


ビンハウスのシルクジャワ更紗をご紹介します。
ジャワ更紗とは、バティックとも呼ばれる
インドネシア・ジャワ島の伝統的な織染布で
ロウで伏せて色を残す、ろうけつ染めを特徴としています。

熟練の職人による繊細な文様は息をのむ美しさ。

首元にさらりと巻ける三角ストールズから、
巻きスカートとしても使える大判のものまで、
多数サイズを取り揃えております。
ギフトや旅行にもおすすめです。

菊池牧子

弘前市出身
(株)菊池 BIN house Japan 代表。
アパレル会社のプレスを経て、フランス留学、
1994年から主幹ジョセフィーヌ W. コマラと
職人達の奏でる布づくりに共鳴し日本代表を務める。
4年前に青森市にUリターン。
テーマはサスティナブルな社会、
世界の100年手仕事を発信中。
www.binhouse.jp


 福島悠起 絵画展  終了しました


会期:2019年11/22(金)〜11/25(月)
時間:10:00〜17:00
入場無料
 

ごあいさつ

画家の福島悠起です。
2019年春に初個展を開催してから目まぐるしく環境が変わっていきました。
絵を観に来てくれた人や応援してくれた人、色んな人たちとの出会いがあり
人は独りではいきていけないんだなと改めて実感しました。
その人達のお蔭様で、
「今」の自分が在るといういうことに気づき、学ばせていただきました。
そしてまた個展を開催出来ることを嬉しく思います。
皆様に会えるのを楽しみにしています。


お問合せ
happyclover724@gmail.com
LINE ID :yuukifukushima

福島悠起プロフィール

2010年26歳 家具職人の活動をはじめる
2015年31歳 絵画教室をきっかけに絵を描き始める
2019年35歳 画家として活動をはじめる



11/23(土) rhiannonによるライアー演奏会開催

ソウルサウンドライアー(旧称ヒーリングライアー)
ドイツ生まれの弦楽器。
ヒーリングと瞑想の為に考案された倍音の美しいライアー。
自然界と共通する432Hzで調弦され、振動を受け取ることで
体、心、魂を本来あるべき自然な姿へと導きます。
過去の展示 2011  2012  2013  2014 2015 2016 2017 2018