ABOUT

絵画や版画、工芸やファッション小物など、ジャンルにこだわらず、当ギャラリーが注目する全国各地で活躍している作家を紹介しているギャラリーです。アートをもっと身近に、オシャレに、日々の衣食住にとけこみことを目指しています。
その他、さまざまなワークショップも開催しています。

営業時間 10:00-17:00
営業日 ギャラリー展示会のある時のみ
住所 〒036-8093 青森県弘前市城東中央4-2-11
TEL 0172-88-7574
mail info@casaico.com

レンタルスペース

カサイコ フロアマップ

ACCESS

バス
城東中央3丁目駅から徒歩2分
電車
JR弘前駅から徒歩13分
東北自動車道「大鰐弘前I.C.」より15分
※駐車場は店舗前に4台あります

高速道路でお越しのお客様

東北自動車道「大鰐弘前I.C.」出口をおりて、弘前方面へ道なりに。 7号線をまっすぐ走ると、左手にラーメンショップさん発見。
まだまだまっすぐ10分程走ると、右手にTSUTAYAさん発見。左手にはファミレスCOCOS様。  その大きな十字路を、左折。
道なりにくねり、信号3つ目(セブンイレブンの角)を右折。 10m程走ると右手にCASAICO発見!!!(青森方面からお越しのお客様はTSUTAYAさんを右折)

JR弘前駅から徒歩でお越しのお客様

弘前駅城東口を出ます。
駅を背に、右側方面へ歩きます。道なりに、大きな道を目指すように歩くと、左手に「スーパーさとちょう」さん発見。
まだまっすぐ歩くと、右手に青森銀行様、発見。 信号を超えてまだ真っ直ぐ歩きます。
右手にセブンイレブン発見、左折。 すると、すぐにCASAICOが右手に見えてきます。 お気をつけて。

OWNER PROFILE

代表 葛西彩子 KASAI Saiko

葛西彩子

1979年仙台市生まれ。
幼少時代からバレーボールを続け、キャプテンを務めていた。責任感だけは強いが、責任が無いととことん何もしない、だらしない、超インドア派。

小学生のころから、「印伝」(山梨の伝統工芸)に興味を持つような子供だった。大学は東北芸術工科大学工芸コースに入学し、漆塗りを専攻。同大学院まで進む。漆塗りに出会っていなければ、今頃何をしていたのかと考えると恐ろしい。その後地元に戻り仙台市内で、「漆スタジオS」という工房名で、作家活動や漆塗り教室を続けてきた。2008年に結婚し弘前市へ越してきたが、フラリと来た嫁が、「お店をやりたい!」などとわがままを言いだし、皆を困らせ現在のカサイコがある。。

趣味は漫画を読んだり、アニメを見たり、本を読んだり、パソコンをいじったりする事。根っからのインドア派。大学のころにサーフィン部に所属していたのが彩子の7不思議のひとつ。

血液型はO型で動物占いはオオカミ。大味な性格だけど、自分なりのマニアックなこだわりを持ち、それを邪魔される事を一番嫌う。

どこでも寝られるし、着るものや食べ物にはあまりこだわりがない。好物は、魚介類、昆布、梅干し、乾きもの、塩など。もともと痩せてはいなかったが、手首や足首、首などの服から出る部分は細かったため、夫もそれに騙されて結婚したのだろうと本人は思う。そのごはブクブクとアメリカン体系へと変化し、現在に至る。プロフィール写真は2008年のものを使用している。

葛西将人 KASAI Masato

カサイコオーナー 葛西将人

1976年弘前市生まれ。
幼少時代から「ズルすけ」(津軽弁で悪ガキ)だった彼は、ねぷた祭りが大好き。

ロウケツ染の要領でで描くねぷた絵に影響を受け京都造形短期大学の染織コースに入学。その後、山形県の東北芸術工科大学漆芸コースへ編入。大学時代もズルすけぶりは変わらず、散々遊ぶ。

その後大学院、研究生まで進むも漆塗りは続けずに、家業の学習塾へ勤務。趣味は車イジリ。愛車のカムリグラシアをこよなく愛する。わたしの事も同じくらい大切にしてくれればいいのにな~と、妻は嘆く。血液型はA型で、ド神経質。光が少しでも入ってくる部屋では眠れずに、少しの物音でも目を覚ます。いくら酔っ払っていても自分の布団で寝たいという。好物はお菓子とマック。炭酸ジュースをビール代わりに浴びるように飲む。幸せの瞬間らしい。

人前に出るのが大好きで、結婚式の司会や、飲み会の仕切りなどなど、彼に任せれば間違いなし。その分、家では静かに過ごす。

学生時代は猫嫌いで有名だった彼は、今じゃ愛猫のタロウを気持ち悪い程に可愛がり、毎晩一緒に寝ては「タロウのせいで眠れなかったよ~・・」と嬉しそうにぼやくのが日課。
やさしくて他人事も自分の事のように考えこんでしまう一面もあるが、100か0か!白か黒か!というはっきりとしたアメリカンな性格も持ちあわせており、周囲を驚かすこともしばしば。

ページ上部へ戻る